Home » Uncategorized » 購入した時の会社に任せるのが良いでしょう

購入した時の会社に任せるのが良いでしょう

売ってしまいたいマンションがある時に、どんな不動産に相談したら良いか迷いますよね。売買経験のある人なら、いつも依頼する仲介業者がある場合もありますが、初めて引っ越しをするケースでは、今の部屋を購入した時に依頼した担当者以外には知らないという場合もあるのではないでしょうか。

一般的には、新築や中古の分譲マンションの売却を専門にする不動産は、中古マンションの買い取りは得意ではない事がよくあるそうです。なので、入居中のマンションを購入した不動産に依頼するのは考えた方がいいでしょう。専門サイトで、オンラインの一括査定機能を使用して、良さそうな不動産会社を探し出しましょう。

購入した会社で売却するのはもちろんですが、1つに絞らず、複数社で査定してもらうと良いでしょう。不動産会社によって査定の基準や方法が異なるので、額にも変動してきます。金額重視で売却したいのであれば、いくつか会社を厳選して査定を依頼しましょう。また、売却に必要な書類が数多くあるので、あらかじめ用意しておくとスムーズに進めることができるでしょう。

短期賃貸マンション-Wikipedia

売却するときの仲介手数料は、上限が決まっています。ルールでは、マンションの価格の3.15%と63000円を足した金額が上限です。不動産会社によっては、サービスで手数料をもう少し低く設定している会社もあるようです。売却を考えている場合は、始めにこの金額を覚えておけば良いでしょう。オンラインで集客をしている不動産業者の中には、大掛かりな折り込みチラシ等の費用をカットしている代わりに、手数料を少なめに設定しているところもあります。マンションを売る際は、オンラインの情報も利用して可能な限り手数料の少ない業者を見つけましょう。手数料が少ないだけでなく、販売実績をちゃんと見て比較する事も忘れてはいけません。