Home » Uncategorized » 物件の査定方法は取引事例法と言われるもの

物件の査定方法は取引事例法と言われるもの

予備知識として、マンションを売るなら査定の方法を知っておきましょう。マンション査定の方法で一番多いのは、取引事例法と言われ、査定する部屋と条件が同じ近くの物件と比べて価格を決める方法です。この方式は、マニュアルによってルール化されています。同じ地区のマンションの相場価格が基準になりますので、なるべく多くの情報を探しておきましょう。
再建築不可に関する問題を解決!?アドバイスいたします

ホームページや新聞広告、折り込みチラシ等から価格の相場を割り出してその価格を基に自分のマンションの希望の価格を考えて交渉しましょう。自分の所有するマンションの面積、フロア、部屋数の他に管理状態等も価格に影響する事を知っておくと役に立つと思います。

物件を売却する時、ハウスクリーニングをしておくのは義務ではありません。一般的には、クリーニングせず、自力でできる限り綺麗に片付けて売りに出しています。
もし、汚れが取れないなら水回りだけハウスクリーニングをお願いすると良いでしょう。物件を見るとき、トイレとお風呂が綺麗だと全然印象が違います。物件を見て回る時間は、長くても30分程度なので、全ての部屋を完璧にクリーニングしなくてもよく目に付く水回りをプロに依頼して完璧にすれば充分だと思います。自分でピカピカにできるならもちろん自分で清掃するだけでも大丈夫だと思いますが、不動産売却をうまく行かせる為には、クリーニングを頼むのもひとつの手段です。

 

物件の査定方法はご存知ですか?物件の査定方法は、不動産鑑定士によっておこなわれます。不動産は築年数のほかにもリフォームの有無によっても値段が上下しますので、そこらへんも考慮して選ぶようにしましょう。購入する際にはゼッタイ損はしたくないですよね。不動産鑑定士に依頼して、適正な値段設定を行ってもらいましょう。